【重要なお知らせ】2014年12月19日を以ってDoctors Blog βは終了致します。永らくのご愛顧、誠にありがとうございました。
スーさん
More プロフィール

Search

Calendar

<< 2014/11 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トップページ

Doctors Blog

ブログの購読

新着コメント

新着トラックバック

< 和田寿郎教授心臓移植事件 | メイン | さつま揚げによるサルモネラ食中毒 >
2010.02.21 00:30 |  研究  |  医療制度 / 行政  |  医療事故  |  生活 / くらし  |  昭和 40年代 1  |  スーさん  | 推薦数 : 2

カネミ油症事件

カネミ油症事件(昭和43年)

 カネミ油症事件はPCB(ポリ塩化ビフェニール)による日本最大の食品中毒事件である.昭和43年の3月から10月にかけて,北九州市のカネミ倉庫が製造したカネミ・ライスオイルの製造過程で加熱用のパイプからPCBが混入,このPCBの混入によって大規模な中毒事件が引き起こされた.

 カネミ・ライスオイルとはカネミ倉庫が製造した米ぬか油の商品名で,天ぷらやトンカツなどの揚げ物などに用いられていた.またライスオイルはコレステロールを減少させる効果があり,口当たりが軽く風味が良いと宣伝されたため,身体によいだろうとライスオイルを直接飲む者がいた.カネミ・ライスオイルは台所で静かなブームをつくっていた.

 このPCBに汚染されたライスオイルが,目をそむけたくなるような皮膚病変を引き起こした.黒い吹き出物,かゆみ,全身倦怠感,腰痛などの難治性の症状を示し,さらには多数の死者をだす結果になった.被害者は128県で14320人,死亡者50人に達する大惨事となった.

 このカネミ油症事件に言及する前に,この事件の直前に起きた「ダーク油事件」について解説が必要である.もしダーク油事件の原因をきちんと究明していれば,カネミ油症事件の悲劇は防止できたからである.ダーク油事件とはニワトリに発生したカネミ油症事件であった.

 ダーク油事件は,昭和432月ごろから西日本一帯で発生した.ブロイラーで飼育されていたニワトリが肺水腫などの呼吸困難で次々に死んでいった事件で,罹病したニワトリは70万羽,死んだニワトリの数は少なくても20万羽以上とされている.このニワトリの大量の死について,当初は新種の伝染病が疑われていた.しかし死亡したニワトリの解剖から家畜保健衛生所はその死因を中毒死と報告したのである.そしてニワトリの餌である配合飼料が中毒の原因と推測した.

 ニワトリに与えられていた配合飼料は2種類で,2種類とも北九州市のカネミ倉庫が製造したダーク油を使用したものであった.この疑惑から,残されていた配合飼料とダーク油をニワトリに与える実験をおこなわれ,その結果,大量に死亡したニワトリとまったく同じ症状を示しニワトリが死亡したのである.この実験によりニワトリの大量死亡事件はダーク油が原因であることが明確となった.

 ダーク油とは米ぬか油を精製する過程で生じる脂肪酸が混じった不純物で,色が黒いことからダーク油と名づけられていた.この「ダーク油事件」によってカネミ倉庫の本社工場は農林省の立ち入り調査を受けることになった.農林省は提出されたカネミ倉庫のダーク油を分析したが,ニワトリを大量に死亡させた原因を突き止めることができなかった.そのため,カネミ倉庫は自社製品が原因と明確に認めずに,製造の過程で何らかの理由でダーク油が変質したことが原因であろうということで落着することになった.農林省は被害を受けたのがニワトリであって,人間とは無関係の事件ととしてそれ以上の調査をしなかった.

 カネミ倉庫はダーク油だけでなく,同じ製造過程で食用のカネミ・ライスオイルも作っていた.ダーク油事件が米ぬか油の変質が原因だったとしても,同じ製造過程で作られているカネミ・ライスオイルの品質を調べるのが当然のことであろう.しかしその点検を見過ごしてしまったことが悲劇を作ってしまった.農林省はカネミ倉庫に対し品質の管理を十分におこなうことを命じただけであった.

 このダーク油事件の原因解明がおこなわれていた同じ時期に,福岡や長崎を中心とした北九州で顔や臀部分などに黒いニキビのような吹き出物(後に塩素座瘡と診断)を示す患者が病院を受診するようになった.それは目をそむけたくなるような症状で,まるで四谷怪談のお岩さんのようであった.患者は皮膚症状だけでなく,身体のしびれや倦怠感を強く訴えたが,皮膚症状が目立ったため皮膚科を受診する患者がほとんどであった.しかしこの奇病に対する病院の反応は鈍かった.病院側はこの奇妙な病気の原因が分からないまま,またこの奇病が家族内発症を特徴としているにもかかわらず集団中毒事件とは考えなかったのである.九州大学病院皮膚科には4家族が受診していたが,半年近くも漫然と診察するばかりであった.

 この患者たちに共通していたのはカネミ倉庫が製造販売している米ぬか油を使用していたことである.そのことを最初に気づいたのは病院での患者どうしの会話からであった.福岡県大牟田市に住む九州電力社員の患者(42)が家庭で使用していたカネミ・ライスオイルを九大付属病院に持ち込み,ライスオイルの毒物分析を依頼した.しかしライスオイルの分析はなされずに時間だけが経過していった.九大付属病院をはじめとした多くの医療機関は漫然と患者を診察するばかりで対策を立てようとしなかった.

 ニワトリの「ダーク油事件」は,昭和434月にダーク油の出荷が停止されたことから発症はくい止められた.しかし人間が被害者となったカネミ・ライスオイル中毒は原因不明のまま半年も販売され被害者はひろがっていった.

 九州電力社員の患者は九州大学の対応にしびれをきらし,昭和43104日,奇病が集団発生していることを保健所に訴えた.そしてライスオイルの分析を保健所に依頼した.九州電力社員の訴えから1週間後にこの奇病が世間の注目を浴びるようになった.それは朝日新聞の記事がきっかけであった.

 昭和431010日の夕刊の記事で,福岡市に住む朝日新聞の記者がこの奇病を報道したのである.この報道のきっかけを作ったのは保健所でも大学でもなかった.記者の妻の友人がこの奇病に罹患して苦しんでいることを知ったからである.そして取材によって同じような患者が九州大学病院皮膚科に大勢受診していることを知ったのだった.この朝日新聞の報道によって被害者たちは自分だけが被害を受けたのではなく,他に多くの被害者がいることを知った.そして翌日の朝刊では,この事件に先だって発生したダーク油事件との関連性について報道した.この朝日新聞の記事がきっかけとなり,連日のように新聞やテレビでこの奇病が報道されるようになった.

 新聞で奇病が報道された翌日の1010日,福岡県衛生部の職員4人が九州大学医学部皮膚科を訪れ,患者の状況について聞き取り調査を開始した.そしてカネミ・ライスオイルの使用を中止すると症状が消退することを知った.もし九州大学医学部皮膚科がこの事実を保健所に報告し,広く注意を喚起していればこの事件の被害者は最小限に止まっていたはずである.このため九州大学は世間から非難を受けることになった.九州大学医学部皮膚科は学会発表のためにデータ収集と原因分析を優先させ,ライスオイルが原因と知りながら公表しなかったとされている.

 福岡県衛生部は聞き取り調査を行い,カネミ倉庫に対し原因がはっきりするまで自主的に販売を中止するように勧告した.しかしカネミ倉庫は県衛生部の勧告にも関わらず,自社の製品が奇病の原因ではないと主張し,問題の油は偽物であり販売を停止する予定はないと発表した.カネミ倉庫は県衛生部の勧告を受け入れようとしなかったため,福岡県は食品衛生法にもとづき1010日から1ヶ月の営業停止を通告した.カネミ倉庫は従業員約400人,西日本最大の食用油のメーカーであった.

 事件が表面化した段階で,九州大学医学部皮膚科はそのずさんな対応について患者やマスコミから多くの非難を受けた.しかし集団発生が明確になると,九州大学は大学を挙げて原因究明に取り組むことになる.事件が表面化した4日後の昭和431014日には,九州大学病は勝木司馬之助・九州大学病院長を班長とする「油症研究班」が結成された.この油症研究班には九州大学だけでなく久留米大学からも臨床,化学分析,疫学の専門家が集まり原因解明に全力をあげることになった.原因物質としては「皮膚と末梢神経系をおかす毒物」が推定され,有機塩素,リン,ヒ素などがリストにのぼった.当初は米ぬかの原料に農薬が混入したのではないかと予測されていた.

 カネミ倉庫は今回の事件に関し自社製品の関与を認めず,非協力的な姿勢をつらぬいた.カネミ倉庫の加藤三之輔社長は「わが社の社員,家族,2000人の中から病人は出ていない,問題の油は偽物ではないか」とのコメントを出し,販売を止めるつもりのないことを強調した.

 久留米大公衆衛生学教授は問題の米ぬか油から大量のヒ素が検出されたと発表した.大量のヒ素事件となれば,山口県下で起きたヒ素入りしょうゆ事件,森永粉ミルク事件の記憶がまだ人々の記憶に残されていた.しかし九大の油症研究班の分析ではヒ素が見つからず,このヒ素原因説はしだいに後退していった.

 また疫学調査では患者に性差はなく,どの年齢層にも患者が分布しており、顕著な家族性をもっており,何らかの要因がその家族に作用したと考えられた。福岡県内の患者すべてがライスオイルを摂取しており,しかも昭和4325日と 6日に出荷されたライスオイルに限定していた.この両日に出荷されたライスオイルを摂取して発症した者は81%で,違う日に出荷されたライスオイルを使用した者には患者の発生はなかった. 

 1022日,高知県衛生研究所がカネミ倉庫の米ぬか油をガスクロマトグラフィーで分析し,米ぬか油から有機塩素物質を検出したと発表した.この有機塩素物質の報告は重要視されたが,どのような種類の有機塩素物質であるかは不明であった.そして1029日になってカネミ倉庫製油工場の立ち入り検査が行われ,油症研究班はその時に持ち帰ったサンプルから塩化ビフェニール(PCB)を検出したのである.

 カネミ倉庫製油工場では鐘淵化学工業のPCB(カネクロール)を脱臭目的で使用していたのだった.そして114日,勝木司馬之助・油症研究班班長はカネミ油症の原因は米ぬか油に含まれていたPCBであると正式に発表した. 当初はその主成分であるPCBが油症原因物質であると考えられていた。

 PCBがなぜ米ぬか油に混入したのかが問題になった.PCBは米ぬか油の脱臭のために熱媒体として使用されていたが,PCBはパイプを挟んで米ぬか油に接しているだけであった.PCBはパイプの中を通るだけで,タンクの米ぬか油とは本来混入するはずはなかった.そのため九州大学調査団によって工場の立ち入り検査がおこなわれた.そしてPCBを通していたパイプに圧をかけ調べた結果,ステンレスのパイプに小さな穴(ピンホール)が3カ所あいていることが判明したのである.つまりこのピンホールからPCBが米ぬか油に混入したことが判明したのだった.

 PCBがステンレス製のパイプのなかで塩化水素を発生,これが水と反応してパイプに穴が開いたと推測された.しかしこのピンホールが原因だったとして,なぜ2月上旬に製造されたものに限ってPCBが混入したのかが分からなかった.この疑問についてはパイプの錆や焦げついたライスオイルが穴をふさいだのだろうと説明された.

 しかしこのピンホールからの流出説が間違いであったことが,事故から10年以上経った裁判の過程において明らかになった. PCBはピンホールから漏れたのではなく,タンク内にあるパイプ接合部から漏れていたのだった.このパイプ接合部がタンク内にあったことが設計上の大きなミスであった.パイプ接合部がタンクの外にあればPCBが米ぬか油と混入することはなかった.しかも工場側はパイプの接合部からPCBが漏れたのに気づいていたのだった.それは一定の量のPCBが閉鎖されたパイプの中で循環しているはずなのに,PCBの量が極端に減少したことを工場側が気づき,パイプ接合部のボルトを締めなおしていたのだった.

 PCBがどのような被害をもたらすかは,先に発生したニワトリの「ダーク油事件」で容易に想像できた.しかしカネミ倉庫製油はPCBに汚染されたライスオイルをそのまま出荷していたのだった.このことから2月上旬に製造されたライスオイルのPCB濃度が高く,それを摂取した人たちに被害がでたのである.カネミ倉庫側はこの人為的なミスを隠していたのだった.

 先に発生したニワトリの「ダーク油事件」,それに多くの犠牲者を出した今回の「カネミ油症事件」,この二つは同じ工場の製造過程で米ぬか油にPCBが混入しでおきた中毒事件だった.ダーク油事件が起きたとき,農林省の関心はニワトリに止まり,人間にまで関心が及ばなかったことが残念というしかない.

 またPCBに汚染されたニワトリがその後どのように処分されたのか明らかにされていない.もちろん生き残ったニワトリの卵はそのまま人間の体内に移行したものと思われる.体内に一度はいったPCBは排泄されにくく,排泄の可能性としては出産によってPCBが妊婦の体外から新生児に移行することぐらいであった.

 カネミ油症事件の真相がはっきりした頃,カネミ油症を飲んだ母親から皮膚の黒ずんだ赤ちゃんが生まれたことが報道された.このことに人々は大きなショックを受けた.PCBは油に溶けやすい特質があり,体内に入ると脂肪組織に蓄積される.とくに胎盤に蓄積されやすく,そのため新生児に移行しやすかったのである.そして皮肉なことに,出産のたびに母親の症状は軽くなった.油症事件の年に被害者から生まれた13人の子どものうち2人は死産,10人は全身が黒色で,その他の異常所見も多かった。 黒い赤ん坊は成長とともに肌の色が白くなっていったが,これは成長により体内のPCBが希釈されたせいで,身体のPCBが減少したからではなかった.長崎県の五島列島にある玉之浦は人口4400人の集落であるが,そのうちの113世帯,309人がカネミ油症患者となった.そして玉之浦113世帯で21人の黒い赤ちゃんが誕生した.この玉之浦に犠牲者が多くでたのは,この地区の店でカネミオイルを盛んに宣伝し,安い値段でセールをしていたからである.

 カネミ油症患者の症状は醜く黒ずんだ皮膚症状が主であった.PCBは身体に蓄積され慢性の症状が主で急性の症状に乏しかった.当時はPCBがどれほど危険なものであるかの認識はなかった.しかしPCBは身体全体をむしばみ死亡例が続出することになる.

 PCBの汚染によって症状を出した患者は14千人に達していた.しかしカネミ油症の認定患者は症状が著明であった1857人だけとされ大半は50歳未満の患者だった.そして事件から5年以内に27人が死亡したが,認定されても犠牲者には救済の手は差し伸べられなかった.そのため患者自らが法廷闘争に立ち上がることになった.

 この中毒事件をおこしたPCBは最近では地球汚染物質としてよく知られている.しかし当時はそれほど危険な物質との認識は少なかった.PCBは電気の絶縁性が高く不燃性で安定性にすぐれているためトランスやコンデンサの絶縁体・熱媒体・塗料・印刷用インキ・複写紙・可塑剤などに広く利用されていた。

 カネミ油症事件を引き起こしたPCBは鐘淵化学工業が製造したものである.カネミ油症の被害者はカネミ倉庫ばかりでなく鐘淵化学工業を相手として裁判を行うことになった.鐘淵化学工業が訴えられたのはPCBの毒性や金属腐食性を知りながら食品工業に売り込んだ責任を問われたからである.

 PCBのメーカーであった鐘淵化学は,「自動車や青酸ガスなども危険だが,使用者はそれを周知の上で使っている.使用者が責任を負うべき」として,食用油を製造したカネミ倉庫に責任を転嫁する主張を展開した。当初,鐘淵化学はPCBの使用上の注意事項として簡単な説明を記載しただけであったが,もし「毒性が強いため,加熱用パイプのピンホールのような小さな傷にも注意して使うように」とカネミ倉庫側に警告しておれば,恐らく食用油製造にPCBは使わなかったとカネミ倉庫側は裁判で証言している。通産省はPCBの使用を全面的に禁止することを関係業界に通達した。鐘淵化学工業はPCBの生産を全面中止し,PCBの国内生産は完全に中止となった.

 昭和53年の1審裁判では原告の主張がほぼ認められ,カネミ・鐘化両社に60億円の損害賠償の支払を命じる判決がくだされた。しかし昭和61年,福岡高裁は国の責任と鐘淵化学の製造物責任を否定し,カネミ倉庫だけに183000万円の支払を命じる判決をだした.そして事件発生から20年後の昭和61320日,最高裁で和解が成立し,被告側のカネミ倉庫と鐘淵化学は総額107億円の損害賠償の支払いすることで合意したのであった.

 鍾淵化学の和解条件は事故の免責と引き換えに,被害者に見舞金を支払うという内容であった.鍾淵化学工業に製造物責任はないが1人あたり鍾淵化学が300万円,計21億円の見舞金と弁護士費用などを支払うという内容で和解したのであった.健康を奪われた患者たちの見舞金は,1人あたりわずか300万円にすぎなかったのである.業務上過失傷害罪で起訴されていたカネミ倉庫の社長は無罪,工場長は禁固16ヵ月の判決が下った. 

 福岡高裁は「食品の安全性に疑問が生じた場合,行政庁は規制する権限を予防的に行使すべき法律上の義務を負う,また農林省担当官がその措置をとっていれば油症拡大は防止できた」として1審判決を覆して初めて国側の責任を認める判決を下し,総額47億円の賠償総額と30%の国側負担を示した.

 PCBと接触した場合,多くは時間と共に症状が改善してゆくのが通常である.しかしカネミ油症患者の症状は変化がないばかりでなく,死亡者が続出した.なぜ症状が改善しないのか,そのことが判明したのは事件から20年後のことであった.

 それは発病の原因物質はPCBだけではなく,さらにポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)含まれていることが昭和50年に,さらにとコプラナーPCBも含まれていることが昭和61年になってあきらかになったのである.これらの物質はダイオキシンの一種で,これらの相乗的な作用によって重篤な症状を示したことが明らかとなった.特にPCDFはライスオイル中に27ppm含まれており,早期に死亡した患者臓器からも検出された.PCDFの毒性はPCBよりはるかに強いので,現在では油症発症の主要な役割を演じたとされている.この発見がなされたのは化学分析の進歩によるが,しかしそれが判明したときには油症事件はすでに過去の事件となっていた。

 ダイオキシン被害の特徴はその発生の遅延性である。事件直後には被害が少なかったと見られていた成人男性も,事件から長期間が経過するとともにダイオキシンの発ガン性によりガンで死亡する例がふえたのだった.

 

固定リンク | コメント (1) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバック URL

http://blog.m3.com/yonoseiginotame/20100221/6/trackback

コメント

コメント一覧

九州にある大学の教授が「玄米酵素」という健康食品を食べるとカネミ油症患者の血中ダイオキシン濃度が下がることを証明したそうです。 その会社社長は「玄米酵素と無農薬無添加の玄米菜食でカネミ油症は治るのでは」と言っています。 この朗報をどうやったら患者全員に伝えることができるでしょう?
written by やまおか しろう / 2012.03.25 02:12

コメントを書く

ニックネーム*
メールアドレス*
内容*
※「利用規約」をお読みのうえ、適切な投稿をお願いします。